お知らせ

先輩社員の声 ~設計開発課~

中野智博

先輩社員の声 ~設計開発課~

設計開発課 中野智博 2017年入社

入社を決めた理由

純粋に面白そうだったからです。
他の会社からも内定はもらっていました。しかしタテイシの面接に行き、「こういうことやってみたい」とやりたいこと言ったら、「どんどんやっていこう」、どういうスキルがあって何ができるかを話したら、「じゃあこうしてみよう」と前向きで可能性を後押ししてくれる言葉をもらいやってみようという気になりました。 これまでの仕事は量産の工場勤務で、同じようなことの繰り返しでしたが、案件の種類があることに夢があると感じました。

どんな仕事をしてるの?

看板・サインの設計、サイネージLEDの設計。 設計と一口に行っても鉄骨の組み方や板金の曲げ方を考えたり、機器の配置、電気配線などもする。どういう機器を使ったら低コストでできるか、案件によっていろいろあるから、毎回受注者と密に打ち合わせをして、毎回違ったものを設計しています。

仕事の魅力

皆が個々の持ち場がありながらも、案件によってやることが変わるので、多方面のスキルが身につきます。
設計だけでなく、部材選定・発注のコスト感、お客様との打ち合わせで設計変更などもあるし、時には組立・施工もやります。 自分の可能性を広げられました。これはできないだろうと思ったことでも、少しずつ経験していくことで身につき、自信になりました。

会社の雰囲気

楽しんで仕事をしているところですかね。
納期に追われて辛い、厳しいと思う時期もあるけど、色々な人が多方面のスキルを持っているからこそ、助け合いをして楽しんで仕事ができる環境があります。社内には暗い顔をしている人はいません!

一番心に残っている仕事

設計開発課に入って間もないころに担当になった飲食店に置く販促用の液晶モニタースタンド型サイネージ。
そもそも何の部材を使えばよいかが分からず、上司、先輩に聞きながら何回も何回も修正を加え、また慣れない書類の作成など、ものすごい時間がかかりました。 完成したものが並べられて一斉に点灯できた時は安心し、やってよかったという思いがありました。

どんな人がこの仕事に向いているか?

良い意味で欲張りな人。 他の部署の仕事も興味を持って質問をして自分のものにできる、やってみたければなんでもできる、他の人が使っているソフト等も、スキルを身に着けてやってみて仕事に生かせる。色々なところに目を向けて自分の仕事にしたいという欲張りな人が向いていると思います。