お知らせ

先輩社員の声 ~システムエンジニア~

先輩社員の声 ~システムエンジニア~

設計開発課 花内孝規 2012年入社

入社を決めた理由

きっかけは企業の合同説明会で、会長に出会いタテイシを知ったことです。TLライトパネルが説明会に展示してあり、とても薄くて、均一に光っているのを見て、すごい製品があると興味を持ちました。その後会長に誘われて工場見学をし、色々と実績を見て、横断歩道のライトパネルなど身近な看板をやっているのを見て、興味を持ちました。 工場内など会社見学をさせてもらった時には、社員1人ひとりがいきいきと仕事をしているのを見て、会社の雰囲気がいいな、と思いました。

どんな仕事をしてるの?

LED電光掲示板などのソフト開発、基板設計。
例として、お客様の工場や、生産システム内で今まで見えなかった部分を可視化して、工場の円滑な運用をする要望に応えるシステム造りをしています。工場内は様々なセキュリティやセンサーが沢山あるので、それに対応することが大変です。 あとは自動運転バスの案件で、今までの決済をデジタル化するなど、「ものづくり」というと形:ハードな面に目が行きますが、ソフトの重要な部分に取り組んでいます。

仕事の魅力

一つひとつオリジナルの物を作るので、完成した時の達成感があります。
プログラムは頭の中で想像して組むが、実際動くかどうかは分からない。プログラムを動かしたときに、本当に思い通りに動いた時は達成感があり、「よっしゃー!」という思いです。 やっていく中で最初は「できるだろう」から始まり「できる」という確信に変わっていく、その過程を楽しんでいます。


会社の雰囲気

営業が受けたものを企画がデザイン、提案し、設計が形にして、工務が設置施工を行うという、社内一貫体制が整っているところが魅力です。 それができることで、納期の短縮と他の課との連携が取りやすく、予定も立てやすく、仕事がやりやすい。

一番心に残っている仕事

入社して2日目からレーザー加工機を任されたこと。
右も左もわからなかったけれど、先輩が声をかけてくれたり、困った時にサポートをしてくれたので、なんとか完成させることができました。
案件としては船内表示のTLライトパネル。 前日に先輩から全ての知識を引継ぎましたが、教えてもらえる人がいないから、もう無理だろうという思いでした。しかし、1日目が終わって「もうやるしかない!」という思いで取り組みました。最終的に良い製品ができ、かなりの自信になりました。

どんな人がこの仕事に向いているか?

AI・IOTなどロボット化が進んでいく中で、最先端のものを取り入れ、活用することができる人、時流に乗れる人。
そのためには常に情報を集める、アンテナを張ることが大事です。テレビ、ネット、メルマガなど、実際の仕事とは関係ない建材なども、どこでどういう活かし方ができるのかが分からないから、常にチェックするようにしています。