お知らせ

府中天満屋2F「i-coreFUCHU」様 LED木目ウォール・屋内サイン・コエルクス他

施工場所:広島県府中市

府中天満屋2F「i-coreFUCHU」様 LED木目ウォール・屋内サイン・コエルクス他

7月21日(水) 府中天満屋2Fにオープンした「i-coreFUCHU」様の 屋内外看板・サイン工事を行いました。

「i-coreFUCHU」は、 若者・女性・子育て世代をはじめとした幅広い世代を対象とした施設として、「府中市子育てステ ーションちゅちゅ」や芝生広場、多目的室などが設置され、「働きながら子育てが叶うまち」を目指 した施設となっております。

今回 空間に溶け込む新しいサイネージ「木目LEDウォール」を設置いたしました。

非点灯時は木目調の柱ですが、LEDの表層に特殊な印刷を施すことに より、必要な時のみ情報が壁面から浮かび上がる仕組みになっています。

他にも 天窓のない空間でも、まるで空が広がり太陽があるかのような疑似体験を可能にする自然光照明「コエルクス」や、 空間を邪魔しないスマートな屋内サインなど施工させていただきました。

施設内には、広い芝生広場や、会議や習い事の教室等で使用できる多目的室などがあります。

こうした施設を使用して、イベントやワークショップなど、さまざまなことにチャレンジできるそうです!

ぜひ足を運んでみてくださいね。


『月刊 府中けいざい情報』 第389号(府中商工会議所) に掲載されました。

府中商工会議所発行 府中けいざい情報 第389号 R3年9月1日発行 21ページに掲載

(株)タテイシ広美社が木目LEDウォールを共同開発

「i-core FUCHU」内 サンサン広場に設置

以下記事同文

LEDを活用した電光掲示板や屋内外看板などを手がける(株)タテイシ広美社(河南町114 立石良典社長)は、凸版印刷(株)(東京)と共同で開発した世界初の“背景に溶け込む”デジタルサイネージ「LEDウォール」(特許出願中)を、「i-core FUCHU」内 サンサン広場の柱に無償貸し出しという形で設置した。

同広場に設置されたLEDウォールは、非点灯時には木目調の柱だが、LEDの表層に(グラフィック)木目の印刷を施すことにより、必要な時(点灯時)だけ情報が壁面から浮かび上がる仕組みになっている。広場の周辺環境と調和し、居心地の良い空間を演出している。

従来LEDは熱に弱く、裏側に放熱板など設置して熱を逃がしていたが、同ウォールはLED球の表面にレジン(樹脂)を密着させ1枚板状にすることで解決。スクリーン状の樹脂表面に印刷を施すことで、背景と一体化させることができる。また、夜間以外でもプロジェクションマッピングが可能になり、壁の一部に様々な動画を出力できるようになった。非点灯時は電力を使わない広告看板として、点灯時は情報発信するサイエージとして、時間帯やシーンに応じた表示が可能なため、コスト削減にもつながる。これまでにない画期的な広告媒体として利用できるという。

立石社長は「LEDウォールは用途に合わせてサイズやピッチなどオーダーメイドで対応できます。プリントの工夫でイベントやアトラクション、インテリアの統一感など様々な用途に活用でき、様々な可能性があります。今後の広報・営業活動を積極的に行いたいと思います」と話された。