お知らせ

コロナウィルス対策!高速自動検温システム

コロナウィルス対策!高速自動検温システム

コロナウィルスの感染予防として、高速自動検温システムを開発いたしました。


体温測定やマスクチェックを無人化することで、飛沫感染防止につなげることが可能です。

マスクを着用したまま0.5秒以下で高速測定でき、音声で体表面温度をお知らせします。
付属の三脚でどこにでも設置可能で、面倒な配線やセットアップも必要なく、コンセントに繋ぐだけですぐに使えます。

▼ご注文・お問い合わせはこちら▼
https://t-kobisha.co.jp/contact/

↓カタログのダウンロードはこちら
高速自動検温システムカタログ.pdf


▼設置イメージ


▼製品紹介動画

●ただいま注文殺到しているためお急ぎください。

●ご注文・お見積もりのご依頼はこちらより見積依頼書(Excel形式)をダウンロードし、必要事項ご記入の上、下記メールアドレスにお送り下さい。お見積りと納期をすぐにご連絡いたします。
【E-mail】toiawase_01@t-kobisha.co.jp

▼よくあるご質問

Q スタンダードとハイエンドの違いは何ですか。
A スタンダード:コンセントに差すだけで簡単に使えます。(体温測定・マスク着用の有無の検知)
  ハイエンド :スタンダードの機能に加え、システムのカスタムや、出退勤システム、電子ロック、自動ゲート等、周辺機器との
  連携が可能です。
  ※連携に関わるソフトウェア構築や施工は別途費用頂きます。

Q スタンドは付属していますか。
A 付属しています。製品HPの設置イメージ写真をご参照下さい。

Q 送料はおいくらですか。
A 全国一律で、一台¥3,500です (北海道、沖縄、離島を除く)

Q 納期はどれくらいですか。
A 通常2営業日でのお届けです。

Q 保証期間はありますか。
A 1年保証です。(転倒等、お客様責任での破損は保証対象外です)

Q 取扱説明書は付属しますか。
A 付属します。

Q どのような補助金が使えますか。
A 本製品は事業再開枠(補助率10/10)の対象となります。
  各自治体独自で補助金を設けられている場合も御座いますので、申請書類の作成等、最寄りの商工会議所にお問合せ下さい。

Q 詳細スペックを教えて下さい。
A カメラ機能:双眼、生体検知、210万画素
  ディスプレイ:フルHD
  体温計測範囲:30~45℃
  体温計測距離:35~50cm
  平均計測精度:±0.3℃
  電源:DC12V/2A
  使用温度:15~35℃
  通信:有線LAN
  本体サイズ:252(L) x 136(W) x 26(H)mm





▼メディアでも紹介されました!

【中国新聞】


2020年7月 掲載記事

体温とマスク 自動で点検

看板製作業などのタテイシ広美社(府中市)は、体温測定とマスク着用のチェックを自動で行う機器を開発した。
検温などを無人化し、新型コロナウイルス感染症防止につながる。
 機器は縦25センチ、横13センチ高さ120センチの三脚に付けて使う。 機器から50センチほどの距離に顔を近づけると、カメラを通じて人工知能(AI)が自動で人を認知。 0.5秒以内に体の表面温度を測定し、マスク着用の有無とともに音声で知らせる。家庭用コンセントを電源とし、工事不要で持ち運びもできる。 同社は新型コロナの感染症が拡大して以降、飛沫を防ぐアクリル板やパーテーションなどを開発。今回は顔認証システムを利用した製品の技術を応用した。 1台21万7000円から。要望に応じて改良し、価格は変動する。
避難所や飲食店、観光施設、公共交通機関など人の出入りが多い場所での利用を想定する。
 立石良典社長(42)は「無人化できるため感染リスクを抑えられ、人件費の削減にも役立つ」と話す。