お知らせ

『月刊府中けいざい情報』第392号に掲載されました!

『月刊府中けいざい情報』第392号に掲載されました!

第392号『月刊府中けいざい情報』(府中商工会議所) 12月1日発行 P21に掲載

以下記事同文

㈱タテイシ広美社が凸版印刷㈱と開発した
「ビジョンマテリアル(特許出願中)」の販売を開始 

 LEDを活用した電光掲示板や屋内外看板などを手がける㈱タテイシ広美社(河南町114 立石良典社長)は、凸版印刷㈱(東京都)と共同開発した「ビジョンマテリアル(特許出願中)」の販売を開始した。

 「ビジョンマテリアル」はLEDの表面に特殊な印刷を施し黒板のような外観を再現。タッチセンサーと「intel NUC」を搭載しており、「intel NUC」は手のひらサイズ(4×4インチ)で他の環境への移行をスムーズにする可能性(ポータビリティ)を高めながら、フルサイズPCと同様のハイパワーを実現。これによりe-sportや遠隔映像が滑らかに投影可能になる。

 学校などで活用すると、通常の黒板のように手で書いて、手で消すことができ、板書したデジタルデータをリアルタイムにタブレットに共有。動画や画像も画面の半分に表示できるなど、授業のDX化に貢献できる。セミナーや会議など様々なシーンでの活用も期待できる。

 立石社長は「用途や使用環境に応じて、木目風、大理石風、ホワイトボード風などオーダーメイド対応が可能です。東京ビッグサイトで開催される『店舗DX展<12月6日(月)から8日(水)>』に出品予定です。注文は随時受け付けておりますので、お問い合わせください」と話された。